胃カメラは将来的にはカプセルになる

胃カメラは長いホースのような形をしています。したがってこれを喉から胃の中に入れないといけません。しかしテレビで数年前やっていましたが現在カプセル型の物があるらしいです。口から飲み込むと無線で映像がモニターに映る仕組みになっています。当時はまだ実用化されていなかったのではないかと思われます。まだ病院で見たことがないことから考えて現在においても普及はしていないようです。しかし胃カメラの将来はこれになるのは間違いないと思われます。カプセル式になれば飲むのはいたって簡単です。水と一緒に飲めばいいわけです。無線技術は年々進歩しています。スマホを見ればわかります。あれも無線ですからあの技術をうまく使えばカプセル式の胃カメラはあっても不思議はありません。近い将来必ず普及してくると思われます。これが普及すれば検査がすごく楽になると思われます。

胃が不調なら胃カメラを試す

胃というのは、私たちの生活の中でも良く活用する臓器になってきます。ですので不調になってしまう事もありますし、年をとるにつれて病気のリスクも上がってきます。そこで、不調が長続きするようであれば、病気の可能性がでてきますので、病院に行って、胃カメラを試すようにします。そうする事によって、状態を把握する事ができますので、不調の原因を突き止めやすいです。病気ならば、そのまま治療する事ができます。また、原因が病気でなければ安心しますし、後は医師のアドバスをうけて、不調を改善していくように心がけます。胃の不調というのは、誰でもおきるものですし、決して珍しいものではないです。しかし、場合によっては、治療が必要になってくる病気もあれば、悪化すると命を脅かすものもありますので、不調を放置しないようにする事が大事になってきます。

胃カメラの検査をして良かった

昔から胃が強い方ではありません。何かストレスを感じると、すぐに痛くなってしまいます。そのような事もあり、嫁に言われて胃カメラの検査を受けてみる事にしました。初めての経験だったので、少し怖かったですが、実際には寝てしまい、何も感じる事がなく検査が終了したので良かったです。結果は大きめのポリープがえり、切除してもらいました。また、悪いものではなかったので、本当に良かったです。もしかしたら、ポリープが出来やすい体質なのかもしれないので、また定期的に胃カメラの検査をするつもりです。今までは独り身だったので、健康なんて気にしておりませんでしたが、今は一家の大黒柱なので、健康には本当に気をつけていきたいと考えております。嫁に言われて、検査をしてみて、本当にポリープがあったので良かったです。嫁に感謝しております。