昨今の研究の成果で、胃がんの発症にはピロリ菌が関係していることが分かりました。ピロリ菌を除去することで、胃がんになる確率はグンと下がります。自分が菌を保持しているかどうかを知るには、内視鏡検査を受けるしかありません。仮に保持していたとしても、慌てる必要はありません。投薬治療で完治が可能ですし、再発する心配もありません。以前はカメラを飲むことに抵抗を感じる人が大部分でしたが、近年は自ら率先して検査を受ける人が増えました。カメラの管が細くなっていますし、鼻から挿入することで苦痛は軽減されています。十二指腸を診ることも出来ますし、平均寿命が延びることに一役買っています。病気が進行してしまえば、手術をするしかありせん。大切な生命と財産を守るには、定期的に検査をするのが一番です。ぜひ考えてみて下さい。

鼻から入れる胃カメラは好評

長生きのためには健康に気を遣うことがとても大事です。と言っても食生活や運動に気を遣い続けることはできないと言う人は結構います。仕事が終わったら人づきあいの一環として同僚と飲みに出かけることは日常茶飯で、せっかくの休日でも気力がわかずに寝ているだけと言う人もいます。例え食事や運動に気を遣うことができなかったとしても、せめて自分の健康状態だけは把握しておきましょう。会社に勤めるようになってから人間ドックを受けたと言う人は多いのではないでしょうか。細かな症状まで分かるため、健康なのかどうかがすぐに分かるのですが、その検査の一つに胃カメラを飲むと言うものがあります。人間ドックの中で嫌われている検査のトップです。細いカメラを飲みこんでいくため、苦しいことが嫌われている理由です。しかし、今は鼻から入れるカメラが主流です。「飲むタイプより苦しくない」と評判も良好です。

胃カメラ検査を受けよう

終身雇用が崩壊してしまい、労働者にはストレスの多い社会になりました。上手に発散出来る人はまだしも、溜め込む人は苦労が絶えません。胃に穴が空くこともあり、潰瘍が出来てしまうことがあります。潰瘍が何度も出来て治療を重ねると、そこに傷跡が残ります。それががんになることもあり、注意をして見守ることが必要です。胃を精密に検査するには、カメラを挿入するしかありません。躊躇いを感じる人もいますが、がんで苦しい治療を強いられるよりはマシです。病院に行けば検査を受けることが出来ますが、自治体でも受けられることを御存知でしょうか。対象となる場合は、経済的な負担が小さく受けられます。肩や鼻に麻酔をしますから、吐き気を感じずに検査をすることが出来ます。仮にがんが見付かったとしても、早期であれば内視鏡で除去することが出来ます。僅か数日で退院出来るそうです。