胃の健康の状態を調べるときに、胃カメラが使われます。この部分はダメージを受けやすいところです。過度にアルコールを取ったり、暴飲暴食を続けていると負担がかかってしまい、何らかの病気になることがあります。またこの部分はストレスの影響を受けやすいところで、その影響が長く続いた場合も病気になる可能性があります。病気の中で一番気を付けなければならないのは癌です。早期に発見されれば、完治する可能性が高いですが、発見が遅れた場合は致命的になる場合があります。胃カメラを使うと、そういった病気を早く発見することができます。この検査を受けるときは、前日の21時以降は食べ物を取ることができません。前日の24時以降は飲み物も原則として禁止です。ただし、喉が渇いた場合は、糖質を含まない水やお茶をコップの半分ぐらい飲むことができます。

胃カメラを楽に飲む方法

胃カメラは飲むと吐きそうになる人が多いです。しかしそうならない方法を教えてもらいました。これを教えくれたのは医者です。それは胃の内部が映し出されたモニターを見ると言う方法です。このお医者さんはモニターを患者から見える位置に置かれていました。そして胃カメラを飲む前にこれを飲んだ時からこのモニターの画像を見るように言われました。そしたら吐きそうになることがないと教えてくれました。ほんとかなとちょっと疑問でしたが胃カメラ専門の先生の言葉なのでほんとだろうと感じて実行しました。するとほんとに吐きそうにならないわけです。すごく不思議に感じました。ただモニターを見るだけでスムーズに入ったからです。これは神経がモニターに集中してこれを意識しなくなることが原因のようです。目をつぶると神経がこれに集中することになるので吐きそうになるようです。

胃のX線カメラと内視鏡検査について

35歳以上の健康診断の内容として、胃のX線カメラというものがあります。いわゆる、「バリウム」とよく呼ばれる検査ですが、この検査では、映像を撮る前に、発泡剤と白い液体である「バリウム」を飲んで、回転するベット乗せられ写真をとるという検査です。この状態が非常に辛い作業になります。また、その後、飲んだものが胃の中に溜まるのを抑えるために、下剤を飲みますが、これも非常に大変です。結果的にこの検査を苦手をする方が非常に多くいます。そんな方にオススメなのが、内視鏡検査でこれをしてしまうことです。かつてはこの検査も直にカメラを入れられる事もあり、激しい嘔吐を伴う検査でしたが、最近は内視鏡が非常に小さくなった事や全身麻酔を施してくれる病院もあるため、非常に楽な検査になりました。どうしても、バリウムによる検査が辛いという方は、この方法を試してみると良いでしょう。