胃の精密検査をする方法としては、大きく二つあります。一つはバリウムで、もう一つがカメラです。一長一短ありますが、やはりカメラで診るのが一般的です。近年は検査を受ける人が増えていて、病気の早期発見に繋がっているようです。なぜ増えたかと言えば、検査のやり方が変わったからです。従来は咽頭から管を挿入していましたが、今は鼻腔から挿入するのが当たり前になりました。咽頭からだと反射が強くなってしまい、患者への負担が大きくなります。それに対して鼻腔は、反射が少なく医師と会話をすることが可能です。会話をしながら検査が出来ることで、潰瘍や早期の腫瘍があれば、スピード感を持って対応することが出来ます。気になるのは日本人に多い胃がんで、40歳を超えれば年に一度は受けておくのが理想です。医学は進歩しているので、心を軽くして検査に臨んで下さい。

胃カメラで胃の調子をみる

最近、なんだか胃がきりきりしてきた、吐き気もある、そんな時に内科にかかって薬で済む場合と胃カメラを飲まなくていけない場合とがあります。どんなものかというと、まず口から麻酔を含み、上を向いて飲まないようにしてしばらく待ち、その後いったんそれを飲み干してみると喉に感覚はありません。そのあととろとろした胃を保護する液体を飲んだらスタートです。横向きに寝かされ、口には大きなマウスピースのようなものがはめこまれ、そうすると先生が持つ黒くて太めのカメラ付きの管がゆるゆると口に入り、喉を通るあたりで嗚咽が来ます。管は想像以上に太く嗚咽が止まらずゆるゆると進んでいきます。胃の中をぐるぐると動き回った後は取り出されるのですがそこでもまた嗚咽がきます。こうして聞くとなんだか怖いです、アルコールの飲みすぎや食べ過ぎなどには十分注意しておきましょう。

胃カメラで胃がんの早期発見

胃カメラというのがあります。これは胃の中の状態を調べる事ができる優れ物であり、カメラの質も高いです。そこで、日本人は胃がんになってしまう人が多いです。昔から多い癌であり、今でも胃がんになってしまう人は多いです。そこで、胃がんを早期発見するための方法として、この胃を調べるカメラというのは効果を発揮してくれます。胃がんを発症していると分かってきますので、この検査を受けるだけでも早期発見できる可能性が高まってきます。ただ、たまにこの検査をするだけですと、早期発見できない可能性があります。定期的にこの検査を行う事によって早期発見できます。たまに行うだけですと、すでに進行している状態で見つかる可能性もありますので、その点は注意しなければいけないです。年に1回ぐらいは受けて、胃がんになっていないのかを確認するようにします。

クリニックの主力商品は、胃や大腸の内視鏡検査において世界最高水準の「苦しくない無痛内視鏡検査」ができることです。 診療予約はケイタイサイトからのご予約も承っております。 当社の強みは胃腸に関する診療で、日々の生活習慣の改善をはじめとする、病気にならない予防医療に力を入れています。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ